百花の百本 2016.12

15181563_958228544282854_7071790720115135558_n

本のある風景

茨木のカフェ「cafe 百花(モカ)」のライブラリー。

茨木市 cafe百花 のライブラリー「百花の百本」。
いつものように、ぜんぶで20冊ほどの本が入れ替わって、またちょっと本棚の雰囲気が変わりました。
7年目のリニューアルが決まっているので、ひょっとしたらこの100冊のパッケージというフォーマットもこれが最後になるかもしてません。
といっても、まだ方向性が決まっただけでブックリストには手を付けていないので、どんな風になるかぜんぜん見えてはいないんですけどね。
お気に入りの一冊を、この「百花の百本」から見つけてもらえたらいいなあと思っています。
ぜひいちどお立ち寄りください。

・・・・・・・BOOKS+コトバノイエ facebookより

cafe百花moka のための100冊をスタイリングするのは、川西にある本のセレクトショップ「books+コトバノイエ 」。

「そこに書かれている内容だけじゃなく、ブックデザインや組み合わせも含めたセレクションで、そこに在ること自体がそのスペースやそのショップやその人の表現となるような本棚をデザインすること。
付加価値や差別化がマーケティングのキーワードとなっている時代に、本というものが(単にディスプレイとしてだけではなく)、そのひとつのマティリアルになることがあったっていいんじゃないだろうか。」  加藤博久(books+kotobanoie)

※販売価格につきましては、店頭でお確かめください。尚、非売品もございます。詳しくはスタッフまで。

BOOKLIST of MOKA 100 books 2016/Dec

□ KITCHENS |  ダイアン・ドアランズ・セイクス  | フレックス・ファーム
□ Diane Arbus: Family Albums |  Diane Arbus |  Yale University Press
□ 海と灯台の本 |  ウラジミール・マヤコフスキー |  新教出版社
□ 問いつめられたパパとママの本 |  伊丹十三  | 中央公論社
□ 再び女たちよ! |  伊丹十三 |  文藝春秋
□ Count and See |  Tana Hoban |  Simon & Schuster
□ 菓子ひなみ |  酒井輝久 |  京都新聞出版センター
□ 2日目のプティ・デジュネ |  堀井和子  | ベストセラーズ
□ ストレイト・ストーリー |  村上龍 |  集英社
□ 母なる色  | 志村ふくみ |  求龍堂
□ Bhutan: Land of the Thunder Dragon  | Tom Owen Edmunds |  Hamish Hamilton
□ 幸田文の簞笥の引き出し |  青木玉  | 新潮社
□ 絵本 桜の森の満開の下 |  坂口安吾・福田庄助  | 審美社
□ 無印の本 |  西友編  | リブロポート
□ 長靴をはいた猫  | シャルル・ペロー  | 大和書房
□ クレーの日記 |  パウル・クレー |  新潮社
□ hummingbird living |  石村由紀子 |  mille books
□ hummingbird eating |  石村由紀子 |  mille books
□ フェイス・フェイス・フェイス! |  フランソワ ロベール |  フレックス・ファーム
□ 京都の一級品 |  竹山道雄 |  新潮社
□ やきものの里・雑器帳 |  アサヒグラフ編 |  朝日新聞社
□ なくなったもの  | 宮本 貢 |  晶文社
□ ウランバーナの森 |  奥田英朗  | 講談社
□ リサ・ラーソン作品集  | リサ・ラーソン  | パイインターナショナル
□ チャーちゃん |  保坂和志 |  福音館書店
□ 野に遊ぶ |  齊藤たま |  平凡社
□ がらくた |  江國香織  | 新潮社
□ 沈黙の春  | レイチェル・カーソン |  新潮社
□ 犬の人生  | マーク・ストランド |  中央公論社
□ 巴里の空の下オムレツのにおいは流れる |  石井好子  | 暮らしの手帖社
□ 頭のうちどころが悪かった熊の話 |  安東みきえ |  理論社
□ ジョージア・オキーフ |   ローリー・ライル PARCO出版
□ ルイス・バラガンの家 |  ワタリウム美術館編  | 講談社
□ 動物たちのぬり絵ブック |  ミリー・マロッタ |  パイ・インターナショナル
□ 世界の不思議な図書館 |  アレックス・ジョンソン  | 創元社
□ 絵本パパラギ  | エーリッヒ・ショイルマン編
□ ノラや  | 内田百閒  | 文藝春秋新社
□ いつか、僕らの途中で |  柴崎友香/田雜芳一 |  ポプラ社
□ 星を運ぶ舟 |  前田昌良 |  求龍堂
□ すべての美しい馬 |  コーマック・マッカーシー |  早川書房
□ the elements of design |  Loan Oel  | Thames&Hudson
□ 絵本の時間 絵本の部屋 |  今江祥智  | すばる書房
□ 閑休自在 悠々自滴 異口同飲 |  西村佳也 |  美術出版社
□ 白洲正子の世界 |  別冊太陽  | 平凡社
□ 族長の秋 |  ガルシア・マルケス |  集英社
□ The Art of Clean Up Ursus Wehrli Chronicle Books
□ 骨董玉手箱 |  秦秀雄 |  文化出版局
□ とんがって本気 |  加賀まりこ |  新潮社
□ 好き?好き?大好き? |  R.D.レイン |  みすず書房
□ つかう本 |  幅充孝監修 |  ポプラ社
□ 定本岳物語  | 椎名誠 |  集英社
□ 星の王子さま |  サン・テグジュペリ |  岩波書店
□ 土曜の夜と日曜の朝 |  アラン・シリトー |  河出書房新社
□ 写真論 |  スーザン・ソンタグ  | 晶文社
□ 珠玉 |  開高健  | 文藝春秋
□ アメリカの鱒釣り  | リチャード・ブローティガン |  晶文社
□ 20世紀をつくった 日用品 |  柏木博 |  晶文社
□ 口紅から機関車まで |  レイモンド・ローウィー |  鹿島出版会
□ カンバセイション・ピース |  保坂和志  | 新潮社
□ ぼくを探しに |  シルヴァスタイン |  講談社
□ 超訳 ニーチェの言葉  | 白取春彦  | ディスカバー21
□ The Little Prince  | Antoine de Saint-Exupery  | PENGUIN CLASSICS
□ あるようなないような  | 川上弘美 |  中央公論新社
□ インパラの朝 |  中村安希 |  集英社
□ 空ばかり見ていた |  吉田 篤弘 |  文藝春秋
□ 未来圏からの風  | 池澤夏樹 |  パルコ出版
□ 以下,無用のことながら |  司馬遼太郎 |  文藝春秋
□ もし僕らのことばがウィスキーであったなら |  村上春樹 |  平凡社
□ どうして僕はこんなところに  | ブルース チャトウィン |  角川書店
□ ブックストア |  リン・ティルマン |  晶文社
□ 映画を見るたびに ぼくは少年に戻って行く |  武市好古 |  話の特集
□ まろやかな日本 |  吉田健一 |  新潮社
□ 南下せよよ彼女は言う |  有吉玉青  | 小学館
□ すみれの花の砂糖づけ |  江國香織  | 理論社
□ 三島由紀夫レター教室 |  三島由紀夫 |  新潮社
□ 伝説のハワイ |  駒沢敏器 |  東京書籍
□ 澁澤龍彦 幻想美術館  | 澁澤龍彦 |  平凡社
□ オン・ザ・ロード  | ケルアック |  河出書房新社
□ あと千回の晩餐  | 山田風太郎 |  朝日新聞社
□ あの人の台所道具 台所育ち読書会編 |  アスペクト
□ これで駄目なら |  カート・ヴォネガット |  飛鳥新社
□ 別冊アルネ 柳宗理デザインキッチン道具 |  大橋歩 |  イオグラフィック
□ MOROCCO MODERN  | Herbert Ypma |  Stewart,Tabori & Chang
□ 美味しい革命 |  トーマス・マクナミ―  | 早川書房
□ フランシス子へ |  吉本隆明 |  講談社
□ 水辺にて |  梨木香歩 |  筑摩書房
□ 墨いろ  | 篠田桃紅 |  PHP出版社
□ 民芸の教科書1 うつわ  | 萩原健太郎 |  グラフィック社
□ 特別展 世界大風呂敷展 |  国立民族学博物館
□ 頼むから静かにしてくれ |  レイモンド・カーヴァー |  中央公論社
□ クレーの旅 |  新藤信・文  | 平凡社
□ クレーの贈り物 |  平凡社
□ ブローチ |  内田也哉子/渡邊良重  | リトルモア
□ 白磁 |  具本昌 |  ラトルズ
□ はつ恋 ツルゲーネフ |  小川洋子  | 角川書店
□ WANDERING KATHMANDU |  宮脇 檀, |  エクスナレッジ
□ パパラギ |  ツアイビ |  立風書房
□ Olympic Portraits |  Annie Leibovitz |  Bulfinch Press
□ 暮しのためのデザイン |  秋岡芳夫 |  新潮社版
□ レイニ・マウンテンへの道  | ナヴァル・スコット・ママデイ  | 晶文社