space design SEN & GALLERY

GERMAN DESIGN AWARD 2016 “Excellent Communications Design – Interior Architecture” カテゴリーで Winner を受賞しました。
http://gallery.designpreis.de/en/gdagallery/show/Project/sen-gallery.html
GDA16_HO_WINNER_4C

sen01

sen02

sen03

sen04

sen05

sen06

sen07

sen08

sen09

sen10

sen11

sen12

関西を拠点に活躍する服飾作家・田川朋子によるファッション・ブランド「川・SEN」のショウルームである。

四角の布を切り刻むことをせず、ねじり、縫い合わせるだけで立体造形的な服創りをするブランドで、「時代の流れに関係なくとうとうと流れているもの、そういう不変的な服であること、人が動いてはじめて美しい服となること」をテーマに生み出される衣服は、身体に寄り添い、纏わりつき、形をつくる。

この空間は、生み出された衣服をただ並べて販売するための場所ではなく、「衣服は、人体(有機質)と空間(無機質)の間に存在し、双方を繋ぐもの」というコンセプトの基に、「人」と、人が生き暮らす為に不可欠な要素である衣食住のひとつ「衣」の関係を、考察・実験・実践するための空間である。

上記コンセプトに基づき、空間は無垢、無彩色といった無機質な素材のみで構成した。

空間をうねるように縦断する間仕切り壁はLGSの連子壁とし、大きなカーブはブランドネームでもある川の流れに見立てた。
エントランスを入って正面のステージを結界に見立て、シーズン毎のアイデンティティとなる衣服を纏った「ディーバ」として配置。
ガス管をワイヤーで吊ったハンガーや、ブロックと透明ガラスで組まれたテーブル什器には地下のアトリエで生み出された出来たてホヤホヤの新作が真っ先に並べられる。

ギャラリーでは田川と共鳴するアーティストやクリエイターによるジャンルを問わない展示やセッションが行われる。

空間の真ん中に鎮座する、天井からワイヤーで吊るしたLGSで構成されたカウンターテーブルは、ホストとゲストを分ける方向性を持たず、密接でクリエイティブなコミュニケーションが生まれる場所として機能する。

ショウウィンドウには、衣服が繋ぐ有機体の普遍のアイコンとして五葉松盆栽を添えた。

所在地:大阪府大阪市中央区北浜東5-3
用途:ショップ+ギャラリー
面積:51,8㎡

壁面仕上:AEP塗装
天井仕上:デッキプレート表しの上、吹付け塗装
床仕上:モルタル表しの上、クリア防塵塗装
間仕切り壁:LGS連子壁
カウンターテーブル:一方はLGS連子壁にLGSテーブルトップ連結、一方はワイヤー吊り
ハンガー什器:ガス管をワイヤー吊り
テーブル什器:モルタルプレート積み
棚什器:ブロック積みの上、透明ガラス

クリエイティブディレクション:河上 友信(GLAN FABRIQUE inc. DESIGN WORKS)
内装・什器デザイン:河上 友信(GLAN FABRIQUE inc. DESIGN WORKS)
施工:ie工房
ロゴデザイン:升田 学(アートーン)
写真撮影:笹倉 洋平(笹の倉舎)

This is a showroom/gallery for the fashion brand “SEN”. “SEN” was started by fashion designer Tomoco Tagawa who is established and works mainly in Osaka.
The brand concept is a flow with fluency, regardless of the trend of the times. This can be provided by not cutting into materials but to create form by twisting and stitching.

This space is not just place to sell clothes but place which presents between (organic) space (inorganic) human body, connecting the two sides” and, one of the food, clothing and shelter is an essential element for the “people”, people live life “it is a space for discussion, experiment, and practice, the relationship of clothing. ”

Based on the above concept, it was composed of only inorganic material which is solid, and achromatic color space.

Curved LGS wall represent and creating space which reflects the title of the brand “SEN”,
There will be special identity shown on the entrance area which will be replaced and changed every season.
New season items are made in the basement and will be shown on bespoke furniture using the table and hanging system.
The space can also be used for events such as collaboration talks with Tagawa, artists and creators.

LGS table is located in the central position, this is to the dissolve barrier between customer and retailer. This gives an opportunity to provide space for discussion with drinks and food.

At the show window, we have placed a Bonsai Tree as an icon for universality of organic material clothes.

Location : 5-3, Kitahama-higashi, Chuou-Ku, Osaka City, Osaka, Japan
Principal use : Clothing store and Gallery
Area : 51,8 square meters
Main Structure:Existing Structure

Wall : AEP paint
Ceiling : Deck plate with spray paint
Flooring : Mortar with clear dust-proof paint
Partition wall : LGS triad wall
Counter worktop : LGS triad with wire
Hanger : Gas pipe with wire
Table material : Layer of mortar plates
Furnitures material : Block works and glass

Project team:Tomonobu Kawakami│GLAN FABRIQUE inc. DESIGN WORKS,
Internal design:Tomonobu Kawakami│GLAN FABRIQUE inc. DESIGN WORKS,
Construction Company:ie Koubou
Logo/Signage Design:a-t-n│Manabu Masuda
Client:SEN tomoco tagawa
Photos:Yohei Sasakura│Sasa-no-Kura-Sya