space design 写真のらがー

DSC_9115

DSC_9111

DSC_9091

DSC_9089

DSC_9076

DSC_9067

DSC_9065

 マイナー、メジャー問わず国内外の様々なミュージシャンを撮影し、劇団維新派や葉加瀬太郎のオフィシャル・カメラマンも務める写真家・井上嘉和氏が家業で営むDPEショップに、井上氏率いる撮影チームのオフィス機能を加えたリニューアルのための設計である。

 大阪の郊外・枚方市駅の目の前という立地で約40年前に創業した元々の店舗は、駅前ということもあって人の往来は多く、地域の人々が気軽に立ち寄り世間話を交わしながら、フィルムの現像から証明写真撮影、そしてハレの日の記念撮影まで、写真機を使ったあらゆるサービスを提供し、まさにコミュニティに根付き老若男女問わず愛されるお店であった。
 DPEショップとして既存の顧客を離さずに、尚且つ時代の最前線の仕事を采配・処理する写真家のヘッドオフィスとして、両立する空間であることを前提としてデザインを行った。

 前店舗よりフロントにはドアやガラス等は無く、常にフルオープンの状態になっている。来客と店との間に仕切りを設けないことによって気兼ねなく店内に入って来れるようにというそのスタイルをリニューアル設計でも踏襲した。
 エントランスより店舗奥に向かってグラデーションを重ねるように立つ間仕切り壁を入って行くと、先ずディスプレイコーナーとセルフプリントコーナーがあり、ここではパソコンを操作しながら思い思いの現像をすることが出来る。レジカウンターの後ろは証明写真撮影ブースとなっており、プロのカメラマンが撮影するクオリティの高い証明写真が簡単に出来る。
その奥がカメラマンチームのオフィスゾーンとなっており、カメラに記録された全ての画像がここで焼き付けられて、モノとして質量を伴った「写真」が生み出されていく。

天井はスケルトンに吹き付け塗装、壁面は既存タイルに塗装、間仕切り壁はMDF表し仕上げ。
レジおよびディスプレイ周りの壁面は黒板塗装とした。
ロゴおよびキャラクター、サイン類は気鋭のイラストレーター・玉村ヘビオ氏によるデザイン。

内外のクリエイター達から絶大な信頼を得る写真家が運営する、この僅か6坪(約20㎡)ほどのスペースからは、「写真」にまつわる様々な表現が日々、続々と発信・提供され続けている。

所在地:大阪府枚方市
施工:ie工房
設計・ディレクション:河上 友信(GLAN FABRIQUE inc. DESIGN WORKS)
設計補助:蓮池 亜紀(ハスイケ)
ロゴ/キャラクター/サイン・デザイン:玉村ヘビオ
写真撮影:井上 嘉和(有限会社らがーフォト企画)

「PHOTO RAGGER」

Yoshikazu Inoue is a photographer who works in Japan and internationally, on small as well as major projects. His work focuses on a variety of musicians, including famous violinist Taro Hakase and Japanese contemporary musical studio, “ISHINHA”.

This unique renovation project will provide a new office mechanism for Inoue’s studio team, as well as his main work of Development-Printing-Enlargement (DPE).

The building was originally built in early 1970 in Hirakata, a suburb of Osaka. The location offered a great opportunity for locals, becoming a part of their lives whereby the studio became a place to take photos for special occasions. There were no barriers in terms of age and sex.

The main focus of the design was not to lose existing customers at DPE shop, while at the same time providing a space as the head office for photographers.
For the new proposal, the front of the shop is fully open, there are no doors or windows. This is a new style in comparison to the old shop, and provides complete openness between the shop and customers.
Along the entrance through the gradient partition, there is a space for a self-printing machine and display corner, computers are also provided to adjust any photos.
There is a photo booth behind the register in order to provide aspace where professional photographers can take better quality photos.
Beyond this area, there is an office space for the camera crew. This is the heart of the office where data from cameras is printed into photographs.
The structures around the ceiling area are exposed, existing wall tiles are painted and partition walls are made out of MDF.
Register Counter/Cashier worktop area is painted in Black.

The logo including the character and signage illustrations are designed by Hevio Tamamura.

It is only approximately about 20m2, but works of Inoue’s can be seen day-to-day,

Location:Hirakata city,Osaka,Japan
Principal use:Development-Printing-Enlargement (DPE) Shop & Photo Office
Construction Company:ie Koubou
Main Structure:Existing Structure
Project team:GLAN FABRIQUE inc. DESIGN WORKS | Tomonobu Kawakami,
in-charge:Aki Hasuike
Logo/Character/Signage Design:Hevio Tamamura
Photo:Yoshikazu Inoue | RAGGER Photo Project